第一工業とは?

製造

ローコスト・高品質の心臓部
当社はタンク製造をはじめ建設に伴う様々な部品を製造する自社製造工場を保有しています。
当社製造工場の特徴として以下のようなことが挙げられます。
設計部門と連携してお客様のあらゆるご要望に応える設計が可能。
切断、折り曲げ、溶接等の専門資格取得者が多数在籍し、
高度な作業が可能。
製造工場にはシャーリング(鉄板を切断する機械)、ベンダー(鉄板を折り曲げる機械)を配置し、タンクを始め、あらゆるものの製造が可能。
第一工業のタンク製造技術は危険物地下タンクの製造によって鍛えられてきました。漏洩が許されない危険物地下タンクは溶接技術も高度なものが要求されます。

その技術に裏づけされた高品質なモノづくりを実践しています。

建設工事でコストが積みあがる要因としては部品のひとつひとつを建設会社が「購入」しなければならないことが挙げられます。
第一工業ではこれらの部品を購入することなく、自分たちで製造しています。

地下タンク、地上タンクはもちろん200KLタンク(プラント)やスクリュー設備のついた排水処理タンク(もちろんスクリューも自社製造)などの大型設備、逆に家庭用の小さな花壇の棚までつくってきました。

北関東の建設会社でこれだけ対応出来る「製造工場」を持っている会社は他に類を見ない程少ないのではと思っております。切断、溶接技術が高いため、それにかかわるどのようなものでもつくることが可能です。設計部門と連携してお客様のご要望に対してすぐに部品製造を行うことが可能です。

第一工業は工場スタッフ自らがお客様と相談する機会も多々あります。お客様にとって一番メリットがあることはどのようなものかを提案することが可能なのです。

このような対応を行うことによって、各所でコスト削減を行うことができ、
結果として全体では大幅なローコスト化が実現するのです。

第一工業は危険物保安技術協会、および全国安全技術協会の認定事業者です。

施工事例はこちら >

第一工業とは?

  • 建築・土木
  • 設備
  • 製造
  • 設計
  • メンテナンス
お客様の困ったを解決します!まずはご相談ください。