第一工業とは?

設備

第一工業が行う配管工事はキレイとご好評いただく設備部門

当社の設備部門はガソリンスタンド、危険物取扱施設、工場などあらゆる場面の「配管工事」を主たる業務としています。

専門技能を持った自社スタッフが高品質な工事を行います。

タンク製造やプラント建設、配管工事において最も重要な技術が“溶接”です。
溶接の巧拙は品質を左右します。危険物を扱うプラントなどでは特に重要です。

第一工業では溶接技術をはじめ、技術の向上には全力を挙げて取り組んでいます。
その結果、溶接技術はもちろん、プレスやフォークリフト、塗装など有資格者は他社と比較しても大変高い比率となっています。

当社が行う設備工事の特徴として以下のようなことが挙げられます。
土木、製造と一体で行うため、配管工事以外もスムーズに行える。
フラット、バーチカル、オーバーヘッド、パイプといった各溶接資格はもちろん、アルゴン溶接などの特殊技能も持ち合わせたスタッフがお客様のあらゆるご要望に対応。
液体・気体、地上・地下、樹脂配管、ステンレス配管などあらゆる配管工事に対応可能。圧力がかかるケース、食品を取り扱うケースなど、特殊な状況の配管工事の実績も多数。
このような工事を全て自社施工で行うため、品質レベルの維持とローコスト化が同時に可能となっています。

当社は現場において常に「創意工夫」を積み重ねています。例えば、この車。(背景写真)

自家発電ができるため、この車1台あればどこでも作業が可能です。また現場の配電盤も自社で製作したものです。第一工業にはこのようなオリジナルの製作物があらゆるところで見受けられます。全ては「どのようにすればよりローコストに、かつ高品質なものを作ることができるか?」という課題からスタートしたことです。

第一工業では現場での創意工夫は当然のこととして業務を遂行しています。

施工事例はこちら >

あらゆるケースや新しい事例に挑戦するため、社内では常に実験や研究を行っています。

第一工業とは?

  • 建築・土木
  • 設備
  • 製造
  • 設計
  • メンテナンス
お客様の困ったを解決します!まずはご相談ください。