お悩み解決事例01

モデルハウスを見て夢がふくらんだけど
見積ってみたらはるかに予算オーバー…(伊勢崎市 Aさん)

TROUBLE CASE 01

子どもが生まれて、そろそろ戸建ての家に住みたいねって主人と話しをしていました。その頃、たまたま近くの住宅展示場で子ども向けの無料イベントをやっていたので、遊び半分のつもりで立ち寄ってみたんです。

せっかくだから何軒かモデルハウスを見学してみたのですが、中に入った瞬間、うわ~って気持ちが舞い上がってしまいました(笑)。
天井が高くてひろびろした開放的なリビングや、室内にたくさん光が入ってくる眺めのいい窓とか、子どもたちがキッチンのそばで遊んだり勉強したりできるかわいいスペースとか。もうこんな暮らしがしてみたい!って思ってしまったんです。

その後、何軒かモデルハウスを見てカタログを持ち帰って「どの家がいい?」なんて夫婦で相談しながら空想していました。ハウスメーカーの営業さんもすごく親切で私たちの希望や予算を丁寧に聞いてくれて、それでイメージしやすいようにイラストにした間取り図をつくってくれたのでますます夢がふくらんでいきました。少しずつ夢が実現しそうな気がして、すごくワクワクしていました。

ところが、もうこの家に住みたい!って気持ちになったときにお見積りを見せてもらったら…絶句しました。わたしたちの予想をはるかに超える金額だったんです。

「出窓を付けたい」って言っただけで30万円くらい見積り額が増えていたり。住宅ローンのシミュレーションも見せてもらいましたが、これから35年間、毎月これだけ支払っていくの?と思ったら、急に気持ちがなえてしまいました。

そんな時

Dハウスで建てた知り合いの家を訪問したら…

SOLUTION

やっぱり新築の戸建ては無理かも…とほぼあきらめていた時、主人の職場にDハウスで注文住宅を建てた人がいて、すごくモダンなデザインなのに価格は私たちでも手が届く範囲の予算だったと聞かされました。

そこで、どんな家なのか気になってすぐにご自宅を突撃訪問させていただきました。すると、モデルルームで見たような広い玄関に、対面型キッチンで料理しながら家族と会話できるリビング、壁と一体になった大きな収納、リビングの大きな窓からそのまま出られるウッドデッキ、オシャレなお店でみかけるような洗面台、もう私が理想に描いていた家がそのまま!
すぐにDハウスの方を紹介してくださいってお願いしてました!

Dハウス:山田

高額な建材の代わりに、自社工場で同等品をつくって解決!
販促も営業もないから、その分リーズナブルな家づくりが実現!

もともと他のハウスメーカーさんで簡単な間取り図やパースを描いてもらっていたA様ご夫婦でしたが、すべての部材や建具をメーカーの仕様通りに揃えたらたしかにいいお値段になるものでした。

でも、せっかくの夢に描いた理想の家ですからなんとか叶えて差し上げたいと思い、いろんな建材メーカーのカタログを取り寄せてイメージに近くてリーズナブルなものを探しました。それでも同等のものが見つからなかったり、金額的に折り合いがつかないものは、職人さんや自社工場の技術者にお願いして作ってもらうなど、できることをひとつひとつ検討してお見積りしていきました。

もちろん建材だけでなく、Dハウスは宣伝広告や営業マンといった経費がかかっていませんので、リーズナブルな価格でのマイホームのご提供が可能です。

その結果、モデルハウスを見て思い描いたようなリビングやキッチン、ウッドデッキなどをひとつもあきらめることなく、Aさんご夫婦の理想の家づくりのお手伝いができました。

page
top