メンテナンス
HOME >> メンテナンス

建築・土木 第一工業ならば、タンク設置後も安心してお任せいただけます

第一工業では以下のメンテナンスを行っています。
地下タンク気密検査計量機検定タンク清掃修理(計量機の修理、廃止工事なども承ります)
地下タンク気密検査

地下タンクの検査はタンク製造メーカーである第一工業へお任せ下さい

第一工業はガソリンスタンド建設で豊富な実績があります。タンクを自社工場で製造しているため、タンクに関する知識、技術力ともに圧倒的なものがあります。

ガソリンスタンド地下タンク、ボイラ使用の地下タンク貯蔵所などは法令によって設置から15年以内のものは3年に1度、それ以上の経過した場合は原則として1年に1度の検査が義務付けられています。

第一工業は「微加圧検査」「液相部検査」を行ったうえで問題があった場合油を抜いた上で「加圧検査」を実施します。また通気管・注入管など「系統別の検査」も行います。


検査内容
微加圧検査、液相部検査、加圧検査、通気管・注入管等の系統別検査

タンク・配管に問題があった場合も全て対応ができます

第一工業はタンク製造を行う製造部、配管工事を行う設備課があり、万一タンク検査で問題が発見された場合でも、素早く対応することができます。検査から工事まで・・・一括して行うことができることで、お客様の負担を軽減することができるのです。もちろん消防に関する申請業務についても全てお任せいただけます。

移動タンクの検査も承ります

第一工業は移動タンクの検査も行っております。ローリーをお持ちの企業様もお気軽にお問合せ下さい。


計量機検定

定期的な計量機検定は実績豊富な第一工業にお任せ下さい

計量機は固定計量機で7年に1度、ローリーは5年に1度の検定が義務付けられています。

第一工業では北関東を中心に豊富な実績があります。点検から県の立会いまで、全て当社にお任せいただけます。


タンク清掃

タンク清掃でボイラーの効率アップを!

第一工業ではタンク清掃も承っております。
ボイラー用の地下タンク貯蔵所、油槽所、屋外タンクなど様々なタンク清掃を行っております。特にボイラー用にA重油を使用する地下タンクでは10年を目安にタンク清掃をオススメいたします。長年タンクを使用していると、重油のスラッジが溜まり目詰まりを起こしたり、また水分が下に溜まってしまうなど、ボイラーの効率に影響を及ぼす問題が発生してしまいます。

弊社のタンク清掃では以下のような作業を行います。

  • 油を抜きながらフィルターで汚れ・水分の除去を行う。
  • タンク内に入り清掃を行い、底板・側面の厚みを測り腐食状況の確認を行う。
  • タンク内部をコーティングすることで、清掃後の状態をより良く保つ。

タンク製造会社である第一工業だからこそできるメンテナンスサービスを実施しております。


修理 計量機の修理、廃止工事なども承ります

あらゆる修理を承っております。

ガソリンスタンドにおける計量機の不具合は緊急性を要するものが多々あります。

  • ノズルが壊れてしまった
  • 計量機の中のベルトが壊れて燃料が出ない
  • ノズルを上げてもスイッチが入らない
  • 油もれがある

など、様々なトラブルに対して対応をしてまいります。計量機以外につきましても、問題があればお気軽にご相談下さい。当社は施工からメンテナンスまでを一括して請け負っております。

廃止工事も行っております。

近年、ガソリンスタンドの廃止案件も多くなりましたが、当社では「廃止工事」も行っております。

  • 計量機の撤去
  • 地下タンクの油抜き
  • タンクへの水入れ
  • タンクへの窒素入れ

などご要望がありましたら、お気軽にご相談下さい。


お客様の困ったを解決します!まずはご相談ください。