配管工事
HOME >> 配管工事 >> 第一工業が行う配管工事の特徴

第一工業が行う配管工事の特徴

土木、製造と一体で行うため、配管工事以外もスムーズに行える。
通常、配管工事はその他の設備と同時に工事を行うものです。
例えば高所の配管工事を行う場合は、架台、基礎の工事も必要です。
第一工業ならば全て自社で行うことができます

自社施工による高品質な工事
第一工業は設備部門で専門技能を持った9名のスタッフが高品質な工事を行います。
『第一工業が行う配管工事はキレイ』とお客様からも評価をいただいております。
フラット、バーチカル、オーバーヘッド、パイプといった各溶接資格はもちろん、アルゴン溶接などの特殊技能も持ち合わせたスタッフがお客様のあらゆるご要望にお応えします。

あらゆる配管工事に対応
液体・気体、地上・地下、樹脂配管、ステンレス配管などあらゆる配管工事に対応ができます。
圧力がかかるケース、食品を取り扱うケースなど、特殊な状況の配管工事も数多く手がけております。
特に危険物の配管工事は消防への申請や検査など手間のかかることも多くありますが、第一工業ならば、全てお任せいただけます。

環境にやさしい樹脂配管
地下に埋設する配管でこれまで心配されていたことに「腐食による漏洩」問題があります。
第一工業では腐食の心配のない樹脂配管工事を積極的に行っております。
配管の継ぎ手も電気溶着で工事を行うため、工事の品質も安定し安心して長期間ご利用いただけます。
第一工業は危険物保安技術協会、および全国安全技術協会の認定事業者です。

配管工事

  • 第一工業が行う配管工事の特徴
  • 施工事例
お客様の困ったを解決します!まずはご相談ください。